願いを叶える3つの教訓

セドナ

セドナへ行ってから早三カ月…
なんだか夢の中の出来事だったような感覚になりそうです。
それでも写真を見ていると、いろいろなことを思い出します。
ここは、子宮の洞窟。
座っている穴は、命が着床する場所といわれているところ…
登るのは命がけでした。

穴の入り口は、私の胸の下辺り。
足を着く場所は、足の裏の長さよりも短いのです。

穴がある場所へ行くのも、10m近くの岩山を手をつきながら素足で登っていきました。

遠くに見えるピラミッドのような山を正面に見たくて、何度も挑戦しました。

力を振り絞っても、どうしても穴の中にはよじ登れない…。

最後の最後にフッと力を抜いたとき、フワ〜と体が浮いて登れた時の感動は、今もハッキリと覚えています。

このとき教えてもらったのは、夢や願いを叶える時は
・力を抜くこと
・ひとりで頑張らないこと
・仲間の力を信じること

身を持って体験したからこそわかるのですよね。

さて、今日は「天赦日+一粒万倍日」という強運日!

日本の暦では最上の吉日な上に、いろいろなことをスタートするにはとても良い日ですよ。

関連記事

ピックアップ記事

ダイエットをスタートした時の心のあり方

2016.6.8

皮下脂肪と内臓脂肪、どちらが落ちやすいでしょう?

ダイエットコーチあきこです。 女性の体って、さまざまなステージごとに大きく変化するものです。 妊娠・出産、更年期を迎え閉経… …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る